トップ > 動車の話 > 自動車のデザイン

自動車のデザイン

ホンダがジュネーブショーに投入したコンセプトカーは、ホンダ自身が新世代ハイブリッドのデザインスタディモデルという位置づけにしているだけあって、ドアミラーがない。

現在の社会背景を考えると、ハイブリッドの普及は急務。
これは誰もがYesの回答だろう。

自動車のデザインは人それぞれ好みが多い部分なので、今回ののっぺりした外観はどうなのだろう。
見慣れればよくなっていくのかもしれないし、空力を考えるとどうしても流線型になって、突起物のドアミラーなどはもってのほかということだろう。

ドアミラーの代わりに、バックモニターのようなモニター化されていくことも、安全性を考えると死角もなくせて理にかなっているということか。

昔のフランス映画で、フランス人にはバックミラーが必要ないという台詞があったけど、だいぶ内容は違うようである。

この記事のカテゴリーは「動車の話」です。
関連記事

トヨタクラウンをドライブして

トヨタクラウンを1000kmぐらい乗ってみて感じたこと。

トヨタクラウン(トヨタ DBA-GRS182)に乗ってみた

トヨタクラウンに乗ってビックリをまとめてみました。

世界のトヨタ

やっぱりきましたね、トヨタ。 トヨタグループ(ダイハツ、日野を含めたもの)がGM...

自動車のデザイン

ホンダがジュネーブショーに投入したコンセプトカーは、ホンダ自身が新世代ハイブリッ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ータースポーツの話」です。2007年05月28日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「動車の話」です。2007年05月12日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「動車の話」です。2007年05月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「動車の話」です。2007年04月24日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索