トップ > 自動車社会の話 > ハイビームかロービームか

ハイビームかロービームか

ハイビームについてのニュースを見つけた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071112-00000002-jct-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071110-00000014-mai-soci

警察が夜間走行はハイビームで、見たいな指導をしているらしい。

確か免許証の更新のときもそんな話があったような気がする。

その理由は、ロービームが40m、ハイビームなら100m先まで照射できるので、安全性が高まると言うことが理由のようだ。


おいおい、ちょっと待ってくれと言いたい。


対向車がいたらどうするの?
ちゃりは?
原ちゃりは?

ハイからローにちゃんと切り替えれるドライバーならまだしも、初心者ドライバーなんかパッシングしてもハイビームのまま。

相当危険だと思うぞ。


今はヘッドライトもディスチャージになってきて白く明るいじゃないか。

シールドビーム(懐かしい)の時代ではないでしょう。

私はロービームだ。


ディスチャージヘッドライト

ハイビームかロービームかをブックマークに登録する

[はてなブックマーク] はてなブックマーク [clip] livedoor クリップ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク

お探し物は見つかりましたか?

まだまだお探しならハイビーム,ロービーム,ヘッドライト,ヘッドランプ,ディスチャージ,シールドビームなどを組み合わせてwebを検索してみてはいかがでしょうか?
またのお越しをお待ちしております。

Google
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.7car.biz/cgi/mt/mt-tb.cgi/178

コメント

対向車がいたらどうするの?
ちゃりは?
原ちゃりは?
→対向車やちゃりやげんちゃり、(もちろん歩行者もふくむでしょう)を見つけたらどうするかって?
そのときは、ロービームにして、安全な速度まで落として(極端に言えば徐行して)通行すればよいでしょう。 ロービームで見えている距離に比べ、50km/hなどの(あえて言いますが)高速度でのブレーキングの停止距離が長くなって危険ということなのだから、ハイビームで走行して、誰か(何か)を発見したら、ロービームでいつでも止まれるようにスピードを落として走るのが自分を守る方法。高速で走りつづけようとするのが間違い。

ハイからローにちゃんと切り替えれるドライバーならまだしも、初心者ドライバーなんかパッシングしてもハイビームのまま。
→そのときは、自分が停止しして、相手が通過するのを待てばよい。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

この記事のカテゴリーは「自動車社会の話」です。
自動車を取り巻く環境についての話題です。
関連記事

ETC問題

遂に待ちに待った高速料金大幅引き下げ。 というか、遂に始まってしまったかという感...

ガソリン宝くじ

アメリカの宝くじはやはり自動車がらみなんだと思う。

ヤマダ電機が中古車市場に参入

ヤマダ電機が車買取事業を7月スタートさせる。

エコカー

最近のエコカー事情

更新履歴

この記事のカテゴリーは「自動車社会の話」です。2009年03月28日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「自動車の話」です。2009年03月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「自動車の話」です。2009年03月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「モータースポーツの話」です。2008年09月28日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索

ハイビーム  ロービーム  ヘッドライト  ヘッドランプ  ディスチャージ  シールドビーム