トップ > 自動車社会の話 > ガソリン税暫定税率の行方

ガソリン税暫定税率の行方

ガソリン税暫定税率廃止を訴えていた民主党が反旗を翻したぞ。

国民の大方の意見が、廃止に賛成といった調査があるにもかかわらずだ。

ガソリン税の暫定税率廃止をやめて一般財源化するというものだ。


民主党もどこを目指しているのだろう。

歳入が減ったら社会基盤が危ういといった話もあるが、予算有りきで、余らせたらだめという体質の中へさらに税金を突っ込むのか。

年金特別便をまた送るような話がでて、その予算が1億7千万円という。

年金が不明になっている方には順次個別でまじめに対応しろよ。

そんな予算配分しているところにさらに税金をもっていくという神経が分からない。


ガソリンが値下がりすると、車になってる人だけが恩恵を受けるんじゃないよ。

物流コストだって下げろと言えばいいし、寒い地方では灯油も下がる(時期は間に合わないが)といった具合に、国民みんなに好影響、マインド的にも良い影響がでる。

何しろ予算ありきの考え方を変えて欲しいものだ。

ガソリン税暫定税率の行方をブックマークに登録する

[はてなブックマーク] はてなブックマーク [clip] livedoor クリップ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク

お探し物は見つかりましたか?

まだまだお探しならガソリン税,暫定税率などを組み合わせてwebを検索してみてはいかがでしょうか?
またのお越しをお待ちしております。

Google
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.7car.biz/cgi/mt/mt-tb.cgi/190

コメント

車を買う金があるなら、ガソリン税くらい気持ち良く払ってください。
それが、大気を汚染しながら住民に迷惑をかけながら走っている者の罪滅ぼしというもの。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

この記事のカテゴリーは「自動車社会の話」です。
自動車を取り巻く環境についての話題です。
関連記事

ETC問題

遂に待ちに待った高速料金大幅引き下げ。 というか、遂に始まってしまったかという感...

ガソリン宝くじ

アメリカの宝くじはやはり自動車がらみなんだと思う。

ヤマダ電機が中古車市場に参入

ヤマダ電機が車買取事業を7月スタートさせる。

エコカー

最近のエコカー事情

更新履歴

この記事のカテゴリーは「自動車社会の話」です。2009年03月28日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「自動車の話」です。2009年03月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「自動車の話」です。2009年03月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「モータースポーツの話」です。2008年09月28日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索

ガソリン税  暫定税率