トップ > 自動車の話 > トヨタクラウン(トヨタ DBA-GRS182)に乗ってみた

トヨタクラウン(トヨタ DBA-GRS182)に乗ってみた

トヨタクラウン(トヨタ DBA-GRS182)
トヨタを代表するセダンがクラウンだ。
でも今はやっぱりセルシオがオーナーカーの頂点にあるので、昔の「いつかはクラウン」といったキャッチコピーは現在では通用しない。

しかし40代以上の諸兄にとっては、トヨタクラウンは特別な思い入れがあったりする車である。
それは純国産最高級セダンという思いがあるからに違いない。

トヨタセルシオは、打倒ベンツ、打倒BMWというポリシーで開発されたが、クラウンは最高級の自動車を作るというポリシーで、1955年に誕生した伝統あるセダンなのだ。


個人的な思い入れは置いておいて、2006年式のトヨタクラウンロイヤルサルーンに乗ってみた、というか現在の足である。

ロイヤルサルーン、この響はまたたまらない。
スーパーサルーンかロイヤルサルーンかが重要な問題で、やっぱりロイヤルサルーンがかっこいいよなといっていた時代が蘇ってくる。

またまた横道だ。

現在の至れり尽くせりセダンに乗るのは初めてで、このことをブログに書こうとおもって書き始めてようやくたどり着いた。

いやー今の車はすごい。
ハンドルを切るとライトが切った方向を照らすんだ。
最初なんかヘッドライトが変!とおもって、前方を見ずにライトばかり追っかけていたら気づいた。
あまり便利さを感じないが、これはすごいと感動。

逆にキーレスエントリーは感動はないがめちゃくちゃ便利。
ドアミラー下に明かりが点るのも使いやすくていい感じだ。
最初エンジンのかけ方が分からなかった。
クラウンキーレスエントリー クラウンキーレスエントリー

あとはチルト。
昔はハンドルが上下するだけで大丈夫かよ、って思っていたが、上下はもちろん前後もあるのでほぼドライビングスタイルにぴったり合わせられる。
もちろん全て電気仕掛けで、ボタンひとつでにょきにょき動く。

ここからはトヨタさんへのお願い。
シフトレバーの周りがクロームメッキで、まぶしくてしょうがない。
安全性から見ても変えるべきだ。
ほんまにトヨタの人間はこの車乗ったことあるの?と思うくらい危険だ。
クラウンのシフトレバー

クラウンロイヤルサルーンのドライブフィールはまた改めて。

トヨタクラウン(トヨタ DBA-GRS182)に乗ってみたをブックマークに登録する

[はてなブックマーク] はてなブックマーク [clip] livedoor クリップ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク

お探し物は見つかりましたか?

まだまだお探しならトヨタ,クラウン,DBA-GRS182,ロイヤルサルーンなどを組み合わせてwebを検索してみてはいかがでしょうか?
またのお越しをお待ちしております。

Google
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.7car.biz/cgi/mt/mt-tb.cgi/59

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

この記事のカテゴリーは「自動車の話」です。
新車や中古車、自動車の話題です。
関連記事

ハイブリッドカー戦争

トヨタvsホンダの新たな戦い。

アストンマーチンone-77

アストンマーチンのフラッグシップになるone-77がジュネーブモーターショーで登...

ランサー5ドアスポーツ

新型ランサーはレーシングランサーやスポーツモデルとランサーの特徴である走りを前面に押し出した三菱自動車渾身の1台だ。

アルファロメオとBMW

アルファロメオとBMWの路線は一緒?違う?

更新履歴

この記事のカテゴリーは「自動車社会の話」です。2009年03月28日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「自動車の話」です。2009年03月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「自動車の話」です。2009年03月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「モータースポーツの話」です。2008年09月28日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索

トヨタ  クラウン  DBA-GRS182  ロイヤルサルーン