トップ > モータースポーツの話 > 2007年F1のレベルは

2007年F1のレベルは

巨大な利権のF1ワールドチャンピオンシップ。

コンストラクターズは早く決定していたが、ドライバーズチャンピオンは最終ブラジル戦までもつれた。

それもハミルトン、アロンソ、ライコネンノ三つ巴。

ハミルトンがワールドチャンピオンになると、F1史上初のルーキーチャンピオンの誕生となる。
レーススタートから気合はいりすぎのハミルトンが、テレビを通しても見て取れた。

しかし結果、ブラジルGPを制したライコネンがワールドチャンピオンに輝いた。

その裏に、直接は関係ないが、ウィリアムズなどに規定違反が発覚し、再度ハミルトンにワールドチャンピオンの可能性が復活するなど、右往左往した感じだ。

コンストラクターズチャンピオンもマクラーレンの違反によりフェラーリが獲得するなど、いろいろあった2007年F1グランプリだったと思う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071022-00000001-fliv-moto

2007年F1のレベルはをブックマークに登録する

[はてなブックマーク] はてなブックマーク [clip] livedoor クリップ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク

お探し物は見つかりましたか?

まだまだお探しならF1,ライコネン,ハミルトン,アロンソ,フェラーリ,マクラーレンなどを組み合わせてwebを検索してみてはいかがでしょうか?
またのお越しをお待ちしております。

Google
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.7car.biz/cgi/mt/mt-tb.cgi/176

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

この記事のカテゴリーは「モータースポーツの話」です。
F1から草レースまでいろんなモータースポーツの話題です。
関連記事

F1シンガポールグランプリ

ナイトレースとなるシンガポールgpがまもなくスタートです。

ランサー5ドアスポーツ

新型ランサーはレーシングランサーやスポーツモデルとランサーの特徴である走りを前面に押し出した三菱自動車渾身の1台だ。

クルサードが正式引退

デビットクルサードがシルバーストンで引退宣言。

2008年モナコGP

中嶋一貴が頑張っている。

更新履歴

この記事のカテゴリーは「自動車社会の話」です。2009年03月28日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「自動車の話」です。2009年03月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「自動車の話」です。2009年03月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「モータースポーツの話」です。2008年09月28日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索

F1  ライコネン  ハミルトン  アロンソ  フェラーリ  マクラーレン